CONTACT US

 

​ お問合せ,ライブ申し込み,予約,その他当店にお知らせしたいことがあれば。

アンズハウス Story

 1991年に「アンの家」というカフェが西白井駅近くにできました。生演奏が聴ける素敵なカフェで、外国の方も大勢いらしていました。

 2013年、写真家で、冒険家でもあるマスターの松井氏がなくなり、奥様が一人で切り盛りしていました。

 2016年、子育てと両立することが大変だということで、奥様はついに暖簾を降ろすことを決意しました。

 駅前に名物カフェがなくなってしまい、寂しい思いをした人がたくさんいました。

 白井で22年間教員をしていた現オーナー奥山は、教え子が大人になったとき、「この街が、いつまでも誇りに思える。」「白井で育ってよかった。」と感じられるようにしたいという願いを込めて、早期退職をし、アンズハウスとして、アンの家跡地に生演奏の聴ける店を2017年4月にオープンさせました。

 奥山は飲食店経験皆無で、開店させてみても何をしていいかもわからず、右往左往するばかりでした。開店前に、料理教室に通ったり、「ナチュラルフードコーディネーター」の資格を取ったりもしました。しかし、実情は惨憺たるものでした。

 数多くいた常連さんも以前の店や松井マスターと奥山の比較をしながら、次第に去っていきました。予想はしていたことですが、ゼロからのスタートではなく、マイナスからのスタートとなりました。

 何度も崩れそうになる気持ちと後悔。それを支えているものの1つは、実現不可能に近い自分の夢。「この店を中心にして、駅前のストリートを華やかでにぎやかなものにする。」「大人になると出て行ってしまうこの街に、子どもたちがもっと愛着をもてるようにする。」「顔見知りを増やして、安全安心な街をつくる。」そのために、数多くのイベントを駅前でしていくのだ、という夢。

 「にししろい軒先市」という名のイベントを月一度定例で行うことにしました。路上ライブやマルシェ・フリーマーケットを西白井駅前通りで2018年4月から2019年の12月まで行いました。一人でおこなってきたイベントですが、次第に理解してくれる人が現れて、応援してくれたり、手伝ってくれたりするようになりました。

 崩れそうになる奥山の心を支えてくれるもう1つは、見返りを期待せずに、ただただ、店を支えようとしてくれる人たちの気持ちです。その気持ちに触れる度に、自分は世界一の幸せ者だと感じられ、恩返しのできない自分を恥ずかしく思いました。

 2020年になり、一緒にイベントをつくっていこうと提案してくれる人たちが現れました。そして、「Make Shiroi Weird」(メイクシロイウイアード)「おもシロイまちにしよう」という団体を設立することになりました。アメリカ・オレゴン州のポートランドをモデルにしました。

 奥山が考える理想的な街とは、変わり者でも、外国人でも、障害を感じられる人でも、誰でも受け入れられる街。やりたいことができる街。名前も知らない単なる顔見知りがたくさんいる街。遠くまで行かなくても身近に楽しみがある街。ビジネスが狭い地域で行える街。

自分が恩返しできるとしたら、店を続け、それぞれの夢が叶えられる環境をつくっていくことだと信じています。

 4年目にさしかかり、マイナスだったスタートから、やっとゼロ地点にたどりつけた気持ちです。X-JapanのToshiさんや中村中さんが出演したことのある伝説の「アンの家」にはかないませんが、夢のかなう街づくりに貢献できるよう、一歩ずつ進んでいきます。

アンズハウスStoryは、これからです。

(アンズハウス 奥山和美)

OPENING HOURS

 

​営業時間  

 朝カフェ 火~金 7:00~11:30 土・日 10:00~11:30

 ランチ 11:30~19 :00

​ ディナータイム 不定期

 ライブ・イベント時は終了迄

定期休業日 月曜日

詳しい営業日については,

EVENTS CALENDERをご覧ください

ADDRESS

 

Anne's House (アンズハウス)

〒 270-1435

千葉県白井市清水口1-1-8

TEL  047-492-3020

北総線 西白井駅 徒歩1分

FIND​ US

西白井駅前 Cafeアンズハウス